FC2ブログ

北陸本線 475系 

今日は、475系急行型電車の電車です。

かつては、急行列車として日本中を走っていました。

DSC04996_convert_20110808215506.jpg
片方のライトの電球が切れた475系 JR富山駅

453・473系の制御装置に抑速ブレーキを追加して1965年から製造されました。

東北・北陸系統で運用されたものは「蕎麦コーナー」、山陽・鹿児島線系統で運用されたものはサハシ455形も含め

「うどんコーナー」があったといわれています。

当時の塗装は国鉄色とよばれている、クリーム色と小豆色?のような塗装でした。

DSC05733_convert_20110808223112.jpg
黒部川の鉄橋を渡っている475系 生地~西入善間

DSC04997_convert_20110808220309.jpg
富山駅を発車する475系 JR富山駅

1995年、学生によってデザインされたパッチワーク模様の塗装とした編成が仙山線に登場しました。

S41編成が、塗装変更をして、1年間に渡り運用されました。

また、1996年にはS19編成が同大学の学生によってデザインされた「オプティカル塗装」に変更の上で1年間仙山線

で運用されました。

DSC05005_convert_20110808220536.jpg
国鉄色と連結する413系 JR黒部駅

DSC05732_convert_20110808222720.jpg
爆走する475系 親不知~市振間

同じ北陸本線に、419系という電車が一緒に走っていました。

419系は、583系を改造して作られた車両でした。

そのため、車内は薄暗く窓が小さい車両でした。

DSC03118_convert_20110808215344.jpg
青い475系 JR黒部駅

DSC05734_convert_20110808223216.jpg
雪の積もった高岡駅に到着! JR高岡駅

先頭に種別幕が無いのに、きずきましたか?

北陸本線を走る列車(413系、475系)には、先頭に種別幕がありません。

北陸本線は、冬はとても寒くなりトンネル内につららが出来るため、つらら対策として埋めてしまいました。

最新型の521系には種別膜はあります。

現在北陸本線を走る413系や475系は、老朽化により最新型の521系に置き換わろうとしています。

475系が見られるのも残りわずかです。

写真撮影は、お早めに!

68
スポンサーサイト



2011/09/07 Wed. 22:57 [edit]

category: JR西日本

cm 0  tb 0 
2011-09